オールセラミック歯日記~京都での日々~

前歯をオールセラミックの差し歯にした京都に住んでいる男の独り言

入れ替える方法には幾つかの方法があります

京都の方は、口の中の銀歯や、金歯の治療跡を気にしている人が少なくありません。


ですので、詰め物をオールセラミックに入れ替えることを検討する人は少なくありません。
しかし、入れ替える方法には幾つかの方法があります。


安いからという理由だけで間違った方法を選ぶと後で後悔してしまう可能性があります。
代表的な入れ替えの方法を知っておき正しく選ぶ必要があります。


オールセラミックインレーという方法は、セラミックを詰め物として使います。
オールセラミッククラウンという方法では、セラミックを被せ物として使います。


オールセラミッククラウンは、フレームに金属を使うメタルボンドクラウンと比較して透明感があり、光を良く反射するというメリットがあります。


そして、根本の方の歯が黒ずんしまうといったリスクもほとんど起こりません。
治療を受ける方の歯の色合いに応じた自然な歯に仕上げることができます。


オールセラミックブリッジという方法では、セラミックをブリッジとして使います。
表面も、土台となるフレームの部分もセラミックでできたブリッジのことをオールセラミックブリッジと呼んでいます。


オールセラミッククラウンと同じぐらい、自然な歯に仕上げることができます。
セラミックを使う量を抑えると安くなります。